++アクティブ環境データー情報センター++
++アクティブ環境データー情報センター++

学ぶべきところが多かった中越沖地震

地震のエネルギー前回の大地震で、放出されていると思われていたがしかしそうではなかった
この地域の部品工場など経済的影響やまたこのような災害の場合、どのような対応が急がれるのか?過去の災害から学習されていない部分も感じてしまう
このような時ほどこれらを検証する研究チームを作るべきですね


asahi.comさん記事より
中越沖地震の死者9人に 不明1人、負傷者は1089人
2007年07月17日13時11分

 新潟県中越地方を中心に震度6強を観測した新潟県中越沖地震で、17日昼までに、新たに死者が1人増えた。午後1時現在の新潟・長野・富山の各県のまとめによると、地震による死者は計9人、行方不明者1人、負傷者は3県で計1089人に達した。住宅は新潟県内で全壊342棟、半壊97棟。被害の大きかった柏崎市などを中心に、113カ所の避難所に計約1万2000人が避難している。

 新たに死亡が確認されたのは、新潟県柏崎市大和町、無職飯野昌子さん(71)。

 柏崎市災害対策本部によると、飯野さんは地震発生前の16日午前、家族に「用がある」と言って崩壊した呉服店の近くに出かけたまま、行方不明になっていた。同日午後9時半ごろ、パトロール中の警察官がうめき声を聞いてのぞき込んだところ、がれきの下から手が見えた。警察や同市消防本部、自衛隊などが夜通し救助にあたっていたが、17日午前2時50分、医師が死亡を確認。午前4時12分にがれきの下から遺体が収容された。

 17日未明に死亡が確認されていた元井元さん(77)は、揺れで転倒して床などで頭を強く打ったとみられる。

 現地では余震が続いている。気象庁によると、体に感じる余震は17日午前11時までに87回。最も大きい余震は、16日午後3時半過ぎのマグニチュード5.8の地震による震度6弱だった。

 鉄道の運行は、17日になって大幅に復旧した。ただ、JR東日本によると、柏崎市の青海川駅そばで土砂崩れのあった信越線は犀潟―宮内で、柏崎駅で停車中の列車が脱線した越後線は柏崎―吉田で、不通が続いている。

asahi.comさん記事でしたが、
今回の原発の火災、大地震が来ても大丈夫なよう設計されていたそれらの想定も、出来ていない証明、その中の最大に出来ていない部分がこれら関係者の安全の自覚に感じてしまう
http://help.active-wave.com/blog/sfs6_diary.cgi?action=article&year=2007&month=07&day=17&mynum=16

2007年07月17日(火)  No.17 (災害情報控え::▲地震)

No. PASS
<< 2007年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の記事

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能

active02WIDE NAVI by PC
active02WIDE NAVI
アクティブ相互リンクプラス
Fステージ
Fステージ4
AND OR

ActiveResearch
シリーズサーチエンジン

検索
 ↓シリーズセレクト
シリーズ01
シリーズ02
シリーズA2D
シリーズ03
シリーズ05
シリーズ06
AND OR
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 1.81